制作後の注意

ホームページ制作後のメンテナンスの重要性

制作後の注意ホームページ制作が無事に終わって、ホームページを公開した後、そのまま放置してしまうといろいろな部分でトラブルが起こる可能性があるのでメンテナンスを継続していく必要があります。
特に更新することがないのであれば、そのまま放置していても別に問題はないのではと考えている人もいるかもしれませんが、ホームページというのはある意味で生ものに近いので、手をかけないと駄目になってしまうのです。
たとえば、ホームページというのはウェブサーバーというコンピューター上に置かれるのですが、ウェブサーバーのプログラムはサーバー業者によって頻繁に更新されており、更新内容によっては、今までは正常に表示されていたホームページが見られなくなってしまうということもあるのです。その場合、アップデートされたプログラムの仕様に合わせて、ホームページのソースを書き換えるといったメンテナンスが必要になってきます。
また、ホームページに広告を掲載し、広告収入を得るという目的でホームページ制作を行った場合、広告を定期的に入れ替えていくという作業が必要になります。というのは、広告は配信期間が決められていて、その期間を過ぎると配信が停止になり、バナーなどが表示されなくなるからです。そうなっても放置していると、ホームページに掲載していたバナーのところが画像のリンクが切れているという表示に変わり、閲覧者から見ると、まったく更新されていないホームページという印象になってしまいます。そして、掲載されている情報も古いものだろうと見なされてしまい、再訪してくれないという可能性が出てきます。これでは、ホームページ制作した意味がなくなってしまいます。
それと、契約しているレンタルサーバーの動作がおかしくして、いつアクセスしてもホームページが見られないということもあります。この場合は、新しいレンタルサーバーに移転しないといけません。
以上のような理由から、ホームページ制作後、それで終わりではなく、メンテナンスが必要なのです。